独り言

起きたとか、起きなかったとか、よくわからない

底辺労働者が楽しそうに野球を観ている姿、涙が出てくる。